VectorworksVectorworks

キーワード検索

2020新機能:リスト表示の直接編集

(関連)Vectorworks 2020以降 Vectorworks 2020の新機能として、[オーガナイザ]ダイアログなどで、リストの編集を直接行えるようになりました。 例えば、デザインレイヤでは、レイヤ名、高さ、壁の高さ、不透明度の値を…

他のファイルを参照する(Fundamentals版)

他のファイルの図面を参照するには、まず「オーガナイザ」ダイアログで参照するファイルを選択します。次に、ビューポートを作成し、参照ファイルの図面を表示させます。※Fundamentals版では、ビューポートを作成できるのはシートレイヤのみです…

ビューポートで図面を部分的に表示させる

シートレイヤでビューポートを作成後、クロップ枠を編集することで、ビューポートの表示範囲を変更できます。 操作方法 ビューポートを選択↓メニューバー“加工” →ビューポートに入る または ビューポートをダブルクリック↓“ビューポートを編集”ダ…

カーソル周辺を一時的に拡大する

「スナップルーペ」の機能を使用すると、カーソル周辺を一時的に拡大することができます。この機能はコマンド実行中に割り込んで使用できます。 スナップルーペ (操作方法)作図ウィンドウ上で、半角入力で“Z”キー↓カーソル周辺が一時的に拡大される …

部分的に切り取ってビューポートを作成する

デザインレイヤで枠図を作成しビューポートに変換することで、図面を部分的に切り取ってビューポートを作成することができます。 操作方法 デザインレイヤをアクティブにする↓“四角形”ツールなどを使用し、ビューポート枠となる図形を作成 ↓“セレクシ…

クラスを階層化する

Vectorworksでは、クラスを階層化してまとめることができます。階層化するには、クラス名の親と子の間に「-(半角ハイフン)」を入れます。 操作方法 表示バー“クラス”のプルダウン→“新規クラス” ↓“クラスの作成”ダイアログ↓“新規に…

選択図形のレイヤ・クラスをアクティブにする

レイヤやクラスが増えてしまった場合に、効率よく切り替える方法です。ショートカットメニューから、選択図形のレイヤ・クラスをアクティブにすることができます。 選択図形のレイヤをアクティブにする (操作方法)“セレクション”ツールで図形を右クリッ…

縮尺の異なるレイヤが表示されない

図面と図面枠をそれぞれ縮尺の異なるレイヤに描いている際、図面を編集していると図面枠のレイヤが表示されない場合があります。 「統合ビュー」をオンにしている、あるいは統合ビューの設定によって、縮尺の異なるレイヤが表示されないことがあります。まず…

用紙を移動する

デザインレイヤに描いた複数の図面は、「用紙移動」ツールを使用して用紙を移動することで、デザインレイヤからそれぞれ印刷することができます。 操作方法 基本パレットの“パン”ツールの上で右クリック→“用紙移動”ツール ↓移動の基点をクリック→移…

未使用のデータを一括削除する

未使用のデータを一括削除するには、「不要情報消去」コマンドを使用します。 操作方法 メニューバー“ツール”→“不要情報消去”↓“不要情報消去”ダイアログ↓消去したい項目にチェック→“OK” ↓“消去確認”ダイアログ該当項目の未使用データが一…

DXF変換した図面がJw_cadで表示されない

Jw_cadはバイナリ形式のDXFデータに対応していないため、テキスト形式で変換する必要があります。また、文字化けなどを避けるためバージョンを下げることをお薦めします。 操作方法 メニューバー“ファイル”→“取り出す”→“DXF/DWG取り…

重なったオブジェクトから選択する

(関連)Vectorworks2012以降 ショートカットメニューあるいは「J」キーを押しながら図形をクリックすると、重なったオブジェクトの中から選択する図形を指定できます。 操作方法 “セレクション”ツール↓図形の上で右クリック→ショート…

CADを生かした求人を多数ご紹介 お仕事検索