株式会社アクト・テクニカルサポート

CAD・派遣・転職2020.07.20

インテリアコーディネーターなどインテリア業界でCADの知識は必要?

建築業界をはじめ、土木、機械、アパレルなど様々な業界でCADが使われています。そのなかには、インテリア業界も含まれています。インテリア業界でもCADを導入するところが増えてきており、インテリア業界で働くにあたりCADの知識を身につけておく必要があるのかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事では、インテリア業界とCADの関係やCADの知識の必要性などについて解説していきます。

 

インテリア業界でCADが関係する主な職種

インテリア業界においてCADが関連してくる職種には、インテリアコーディネーターとインテリアデザイナーの2つの職種を挙げることができます。まずは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの仕事とは、依頼主からの指示を受けて、住宅や商店、オフィスなどの内装に関してアドバイスを行うことです。具体的には、内装の壁紙を決めたり、家具や照明、小物などの配置を考える仕事となっています。また、デパートや百貨店の売り場などで、空間コーディネーターとして仕事をする場合もあります。

 

インテリアコーディネーターとして仕事をするには特に資格は必要とはされていませんが、民間資格の一つである「インテリアコーディネーター資格」は、認知度も高く求人募集の際の応募資格要件に入る場合もありますので、取得する方も多いです。

 

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、インテリアコーディネーターとは違い、家具やカーテン、照明、什器などをデザインするとともに、内装全体の企画・設計をトータルで行う仕事となっています。企画や設計の作業にも携わることになるため、インテリアデザイナーには建築に関する知識も必要です。

 

インテリアコーディネーター同様、インテリアデザイナーとして仕事をするうえで、特定の資格は必要ありません。しかし、通常は美大や、デザイン系やインテリア系の専門学校を卒業してから、インテリアデザイナーになるのが一般的です。美的センスとともに、長年の経験と知識が必要になってくる仕事だと言えます。

 

インテリア業界におけるCAD知識の必要性

では、インテリア業界で働いていくうえで、CADの知識は必要になってくるのでしょうか。

これはケースバイケースだと言えますが、インテリア業界でもCADの導入が進んできています。そのため、CADの知識やスキルは、持っておくのに越したことはないと言って良いです。

 

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、家具や什器等の設計を行うことはありません。こうしたことはインテリアデザイナーの仕事になります。そのため、インテリアコーディネーターにとってはCADの知識は必須でないと言えます。採用試験でもCADの操作技術は必須でない場合が多いです。

 

ですが、建物内部の図面を起こす業務を任されることもあるので、そういった業務を行う場合はCADの知識があると役に立ちます。また近年では、インテリアコーディネーター自身がCADの操作もするということが増えてきているため、持っておくに越したとはないです。

 

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、家具や什器などの設計に携わることになるうえ、家具や什器などの配置もインテリアデザイナーが考えるため、建物内の図面も描けなくてはいけません。その際にCADを使用するケースが多くなってきているので、インテリアデザイナーの仕事をするうえでCADの知識は必要と言えます。

 

また、求人の募集要項にも必要なスキルとしてCADの操作経験や実務経験を問われている案件も多くなってきています。そのため、インテリアデザイナーを目指す前に、CADソフトの扱い方についても一通り学んでおくことが良いです。

 

インテリア業界で使用されているCADソフトとしては、VectorworksAutoCADが挙げられます。なお、インテリアデザイナーはCADのスキル以外にも、IllustratorPhotoshopといったDTP 系のソフトも扱うケースが多いので、これらのソフトに関する操作技術も必須だと言えます。

 

インテリアコーディネーターもCADの知識があれば役に立つ

これまでご説明してきたように、インテリアコーディネーターには必ずしもCADの知識は必要というわけではありません。しかし、仕事を続けていく上では、設計図を見なければならなかったり、建物内部の図面を起こす業務を任されたりすることも十分考えられます。このような場面でCADの知識・操作技術があればすぐに対応することができます。

 

そのため、インテリアコーディネーターもある程度はCADの知識や操作技術も身に付けておいたほうが良いと言えます。

 

また、インテリアコーディネーターとして働く段階からCADを身につけておけば、インテリアデザイナーへのキャリアアップを目指すことも容易になります。

 

インテリアコーディネーターとしてキャリアをスタートする際にはCADの知識は必ずしも必要なものではありませんが、将来を見据えて早い段階からCADの知識・技術を身につけておくことをおすすめします。

 

本コラムに掲載の内容は、2020年07月20日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。
cad cad walker