株式会社アクト・テクニカルサポート

CAD・派遣・転職2020.07.10

CADオペレーターのキャリアアップに必要なこととは

建築業界や土木業界、機械、インテリアなど様々な業界の設計・作図業務において欠かせない存在であるCADオペレーター。この記事では、CADオペレーターとしての道をスタートさせるために必要なこと、そしてキャリアアップするために必要なことを紹介します。

 

CADオペレーターのキャリアをスタートさせるために必要なこと

まずは、CADオペレーターとしてのキャリアをスタートさせるための道筋について解説します。

 

CAD技術の習得

CADオペレーターとしてのキャリアを開始するためには、まずCADの技術を習得しなくてはいけません。CADオペレーターの仕事には特定の資格は必要ありませんが、CADソフトを扱えること、CADの基礎知識を習得することは、この仕事を始めるにあたっての第一歩だと言えます。

 

ただし、一口にCADオペレーターと言っても、建築系のCADオペレーターなのか、土木系、機械系、内装・インテリア系のCADオペレーターなのかによって、必要とされる知識やスキルは異なってきます。

 

CADオペレーターとしてのキャリアをスタートさせる際には、事前にどの業界で働きたいのかを明確にしておく必要があります。

 

CADの技術や知識を身につけるために資格取得を目指すのもあり

CADオペレーターに関する資格は多く、それらの資格取得を目指すことで、CADの基本的な知識や技能を習得することができます。

 

また、勉強を続けるモチベーションにもなるため、資格取得をCADオペレーターになるための第一の目標と設定するのも良いでしょう。

 

しかし、CADオペレーターの仕事には資格の有無は直接関係がないため、資格取得よりもCAD専門のスクールや職業訓練校などをうまく利用しながら、CADの知識や技術、そして業界ごとの知識などを確実に習得する、という点が重要です。

 

CADオペレーターとしてキャリアアップする際に身につけておきたいスキル

CADオペレーターを含め、どんな職業においても仕事を続けていく上で常に向上心を持って取り組むことが大切です。

 

ここでは、CADオペレーターとしてキャリアアップする際に身につけておきたいスキルをご紹介します。

 

正確性・スピード

CADオペレーターにまず求められるスキルとして、設計士からの指示を正確に反映して、図面を作成したり、修正したりすることが挙げられます。

 

そのため、図面を正確にトレース出来ることは、CADオペレーターとしての前提条件だと言えます。

 

ただし、正確さを求めることで作図に時間がかかってしまうようでは納期に間に合いません。納期直前になってから問題や修正が発生しても、正確に、そしてスピーディーに修正していく必要があります。

 

集中力・忍耐力

CADオペレーターの仕事は、一日の大半をパソコンの前でCADソフトを扱うことになります。集中力や忍耐力に欠けていて、図面にミスが生じてしまうようであれば大きな問題です。そのため、集中力や忍耐力も非常に重要なスキルであると言えます。

 

同じ作業を続けることが難しいという人は、CADオペレーターとしてキャリアアップする際にも障害になってくる可能性もあり得ます。

 

集中力や忍耐力に自信のない人は、集中力を持続させる方法や、適宜ストレスを発散させる方法などを身につけておくと良いでしょう。

 

コミュニケーション能力

設計士を始めとしてモノ作りに携わる多くの人と関わるCADオペレーターの仕事は、コミュニケーションも非常に重要です。とくに設計士とうまく意思疎通が図れなければ、図面のミスにもつながりかねません。

 

情報収集能力

CADオペレーターを続けていく上でも、キャリアアップを目指している場合でも必要となるのが情報収集能力です。これは、CADを扱う業界は変化が激しく、CADオペレーターの仕事もそれにつれて変化し続けていることが理由として挙げられます。

 

自分が作り上げるものはもちろん、その業界に関する最新の技術や注目の製品、業界全体の動向なども常に注目し、情報を収集しておくようにしましょう。

 

CADオペレーターからのキャリアップ

ここではCADオペレーターの経験を活かし、キャリアアップ、スキルアップ可能な職種をご紹介します。

 

BIMオペレーター

BIMというのは、3次元CADに建築設計専用の機能を追加したソフトです。そのBIMソフトを使って製図をしていくのが、BIMオペレーターになります。CADオペレーターがBIMのスキルも身につけて活躍の場を広げている事例はとても増えています。

仕事内容としてはCADオペレーターと大きな違いはなく職種が明確に分かれているわけではありませんが、BIMソフトの習得はもちろん、建築業界全般の知識を身につけておくことでスキルアップしていくことが可能です。

 

CADソフトや製図に関する講師

ソフトそのものの操作や習得が得意であったり、人に教えることにやりがいを感じる方は、CADスクールなどで講師、インストラクターとして活躍していくキャリアプランもあります。

 

設計士・デザイナー

CADオペレーターから、設計に関わる業務や、デザイナーへとキャリアアップすることもできます。具体的には、建築関係であれば建築士や福祉住環境コーディネーター、インテリア業界であればインテリアコーディネーターやインテリアプランナー、インテリア設計士などが挙げられます。

 

まずはキャリアをスタートさせて上を目指そう

CADオペレーターの仕事を長く続けていくにしろ、CADオペレーターからのキャリアアップを目指すにしろ、まずはキャリアをスタートさせること、そして日々精進していくことが大切です。

 

CADオペレーターを始めとして、設計士やBIMオペレーター、デザイナーなどはすべてもの作りに携わる仕事であり、充実感ややりがいも多く、喜びも大きいものです。

 

まずはCADオペレーターとして、その第一歩を踏み出し、わたしたちの生活を支えるもの作りに携わってみませんか?

 

本コラムに掲載の内容は、2020年07月10日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。
cad cad walker