ARCHICADARCHICAD

キーワード検索

選択したオブジェクトを非表示にする

(関連)ARCHICAD25 ARCHICAD25の新機能として、3Dウインドウ内で単独のオブジェクトを一時的に非表示にする機能が追加されました。 選択した要素を非表示 (操作方法)3Dビューを表示↓対象の要素を選択↓下記いずれかの方法を選…

ポリゴン形状の要素を作成する

円を元にして、ポリゴン形状の要素をマジックワンドを使用して作成する方法です。事前にマジックワンドの設定を変更します。 マジックワンドの設定を変更する (操作方法)メニューバー[デザイン]→[マジックワンドの設定] ↓[マジックワンドの設定]…

スラブの基準面を変更する

スラブの基準面を変更する方法です。複合構造のスラブの場合は、躯体の上・下端および仕上の上・下端を設定することが可能です。 スラブの基準面を変更する (操作方法)対象のスラブ設定を表示する[選択したスラブの設定]ダイアログ[基準面]から選択す…

柱を交差壁と揃えて仕上する

複合構造の壁と交差、または接する柱の仕上を、壁の仕上と揃えて設定する方法です。 操作方法 対象の柱の設定を表示 ↓[設定した柱の設定]ダイアログ[柱][位置決め]を展開[ラップ方法:独立、仕上げ材]をオンにする ↓OK↓交差する壁の仕上に合…

一覧表を分割して配置する

レイアウトに配置する一覧表を、枠のサイズに合うように分割して配置する方法です。 操作方法 レイアウトに配置した一覧表の端点をクリック↓ペットパレットが表示される ↓ペットパレット[テーブルを再構築]を選択 ↓ 端点を収める範囲に移動する ↓…

直前のコマンドを繰り返す

直前に使用したコマンドを繰り返し呼び出すことが可能です。 ショートカットを使用する (操作方法)コマンド終了後[Ctrl+B]↓直前のコマンドが再実行される メニューバーを使用する (操作方法)コマンド終了後メニューバー[編集]→[繰り返す…

一覧表:値の小計を表示する

一覧表で、階層やカテゴリごとに、値の小計を表示する方法です。 操作方法 (例)フロアごとの面積値小計を表示する 対象の一覧表を表示する↓[一覧表設定]を選択 ↓[一覧表設定]ダイアログ[フィールド/面積表]欄[配置フロア名] [フラグ]の部…

一覧表:値の合計を表示する

一覧表で値の合計値を表示する方法です。 操作方法 (例)面積の合計値を表示する 対象の一覧表を表示する↓[一覧表設定]を選択 ↓[一覧表設定]ダイアログ[フィールド/面積表]欄[面積値] [Σ(シグマ)]の部分をクリックし表示させる ↓[O…

ショートカットキーを使用してコピーする

ショートカットキーを使用して、移動からコピー、または連続移動コピーに切り替えが可能です。 ショートカットキーで移動 (操作方法)対象の要素を選択↓Ctrl+D 移動のコマンドが実行され、ステータスバーに基準点の入力指示が表示されます。 ショ…

スナップ参照の表示時間を変更する

スナップ参照とは、既存要素の辺や端点、基準線などにカーソルを重ねると青く表示され、スナップガイドと共に入力補助に使用します。 スナップ参照表示を有効にする設定と、カーソルを重ねてからスナップ参照が表示されるまでの時間を変更する方法です。 ス…

一覧表:セルのサイズを変更する

サイズを数値で指定する ①セルサイズダイアログを使用する(列・行) (操作方法)一覧表を表示する↓[…](セルサイズ設定)を選択 ↓[一覧表セルサイズ]ダイアログ幅・高さを項目ごとに数値で変更する→OK ②一覧表コントロールを使…

CADを生かした求人を多数ご紹介 お仕事検索