株式会社アクト・テクニカルサポート

イベントコンパニオン2020.03.24

イベントコンパニオンのネイル事情とは?お手入れの方法と併せてご紹介!

美しさが求められるイベントコンパニオンは、メイクやヘアはもちろん、爪の先までも高い美意識をもって整えておかなければならない職業です。

 

ここでは気になるイベントコンパニオンのネイル事情についてお届けしましょう。どのようなネイルがイベントコンパニオンにはふさわしいのか、またお手入れの方法も一緒にご紹介します。

 

イベントコンパニオンのネイルはナチュラルor自爪がベター

 大勢の人の注目を集めるイベントコンパニオンは、一般的には華やかなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

 

メディアにも取り上げられるような著名なイベントで、華やかな衣装を身につけて微笑んでいる姿を想像される方も多いことでしょう。

 

イベントコンパニオンが活躍する現場はこういった華やかさのあるイベント会場のほかにも、企業の新製品発表会や各種セミナー、学会など、さまざまあります。そういったビジネス系の現場ではスーツに白シャツで仕事をすることも少なくありません。

 

しかし、やはりメディアの力は凄まじく、一般的には華やかな衣装身につけて大きな会場で活躍するのがイベントコンパニオン、という認識であることが多いようです。

 

そういったイベントでは華やかで派手な衣装を用意されることが多いのも事実です。そのため、イベントコンパニオンのメイクやネイルも派手でいいのでは?と思うかもしれません。

 

ですが、イベントコンパニオンは個人の個性を主張するのではなく、クライアント企業のイメージに沿ったメイクやネイルをするのが大切なのです。

 

そのため、メイクはナチュラルで健康的に、ヘアは落ち着いた自然なカラーに、ネイルも当然目立たない肌なじみのいいカラーにしておくことが求められます。

 

悪目立ちする派手なネイルカラーやアートは避け、肌になじむベージュや淡いピンクなどのカラーを使用しましょう。

 

ただし、食品関連のイベントの場合はネイル自体がNGです。そのため、どのようなイベントにも対応できるように自爪のお手入れを徹底し、キレイに整えておくことが最も望ましいといえます。

 

なぜイベントコンパニオンのネイルはNGなのか

イベントコンパニオンは一定以上の美しさが求められる職業です。それはクライアント企業のイメージを担い、会場のお客様の注目をたくさん集めなければならないからです。

 

イベントによっては露出度の高い服装が用意されることもあるため、どんな衣装も着こなせる整ったプロポーションも必要です。

 

それらすべてはクライアント企業の製品やサービスを引き立てたりお客様に印象付けたりするためのものであり、イベントコンパニオンその人をお客様に印象付けるためのものではありません。

 

イベントの主役はあくまでもクライアント企業であり、そこで紹介されている製品やサービスです。イベントコンパニオンはその製品をお客様にPRしたり、試供品やパンフレットを配布したり、アンケートをお願いすることが主な業務となります。

 

そのため、老若男女問わず好感を与える清潔感が求められるのです。

 

手元は意外とよく見られている部分です。製品PRの際に製品を手に持てばいやでもネイルはお客様の視界に入ります。サンプリングやアンケートを取る業務においても、ネイルはお客様の目につくことでしょう。

 

そこで派手なネイルカラーやアートが施されていると、お客様は製品よりもネイルが気になってしまうかもしれません。また、派手なネイルは好き嫌いも激しく、嫌悪感を抱く方も少なくないでしょう。

 

そのため、ネイルは派手なカラーやアートはNGなのです。イベントコンパニオンのネイルは、お手入れが行き届いた清潔感のある状態に保っておかなければならないことを覚えておきましょう。

 

イベントコンパニオンが知っておきたいネイルケア

ここで、自爪ケアのポイントを伝授しましょう。

 

ポイントその1 爪切りではなくネイルファイルを使用して長さを整える

長さを整える際はネイルファイルなどの爪やすりを使用してください。爪は層になっているので、爪切りを使用すると衝撃で層が壊れてしまい、爪の層がはがれてしまう「二枚爪」の原因になることがあります。優しくネイルファイルで削って長さや形を整えましょう。

 

ポイントその2 イベントコンパニオンにおすすめの形はオーバル型

 

爪の形はオーバル型に整えましょう。ラウンドやスクエアオフはイベントコンパニオンには向いていません。自然なオーバル型で、指先から爪先が見えないくらいの長さにしてください。

 

ポイントその3 甘皮もきちんと処理しよう

爪の根元にある薄皮を「甘皮」といいます。甘皮を処理すると見違えるように自爪がきれいに見えるので、忘れずに処理するようにしましょう。甘皮が柔らかくなっているお風呂上りにおこなうのがおすすめです。

 

キューティクルスティックにコットンをまいて、柔らかくなっている甘皮を、らせんを描くようにして優しくオフしてください。ケア後にはハンドクリームで保湿することを忘れずに。

 

ポイントその4 爪の表面も磨いておこう

 

仕上げにネイルポリッシャーで爪の表面を磨き、滑らかに整えて自然なツヤを出したら完成です。磨きすぎると爪にダメージを与えることになりかねないので、様子を見ながら優しく磨いてください。

 

爪先までキレイに整えてより人気のイベントコンパニオンを目指そう!

イベントコンパニオンはクライアント企業の顔となる存在です。その自覚をしっかりと持ち、どなたにも好感を持っていただけるように清潔感のある身だしなみを整えておかなければなりません。

 

もちろん身だしなみだけでなく、笑顔やマナー、立ち居振る舞いや話し方なども大切です。

 

イベントコンパニオンとしてより輝けるように、爪の先まで行き届いたケアを心掛け、美意識を高く持つようにしましょう。

 

本コラムに掲載の内容は、2020年03月24日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

関連記事

event_companion event_companion line