株式会社アクト・テクニカルサポート

イベントコンパニオン2020.02.10

イベントコンパニオンのメイクとは?メイクや身だしなみの心得について解説

その華やかさから女性に人気のある仕事、イベントコンパニオン。ですが、メイクや髪形などはどうすれば良いかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、イベントコンパニオンのメイクについて詳しく解説しています。

イベントコンパニオンのヘアメイクは“清潔感”が重要

一見華やかな仕事に見えるイベントコンパニオンですが、お仕事をこなしていくためにはそれなりの努力が必要になってきます。ヘアメイクもその一つで、普段から髪やお肌のお手入れを行っておくことは必須事項だといえます。

 

イベントコンパニオンの仕事はクライアント企業の製品をPRすることが主な仕事です。自分自身をアピールすることではありません。あくまでも、来場者の目線を商品にもっていかなくてはいけません。

 

ですから、イベントコンパニオンには何よりも清潔感が求められます。

 

メイクにおいては、最先端のトレンドを取り入れ過ぎず、ナチュラルを意識したメイクにすると良いでしょう。ただし、ナチュラルすぎてメイクをしていないと感じさせてしまうメイクはNGです。衣装に合わせることも大切です。

 

髪色は、ダークブラウン程度の落ち着いた髪色にしましょう。

 

髪形は新しすぎず、古すぎず、適度にトレンドを取り入れたものにしておくのがベストです。

 

そのため、ヘアカタログを見てどんな髪形がお客様に好感を与えそうなのかを研究しておきましょう。

 

イベントコンパニオンのメイクに“清潔感”が重要な理由

イベントコンパニオンが着る服は開催されるイベントによって様々なので、それにあわせたメイクをすることが大切です。

 

イベントコンパニオンは一般的には華やかさを重視したものとなっているため、時には露出度の高い衣装で仕事をする場合もあります。

 

イベントコンパニオンは容姿端麗であることが求められますが、メイクに関していえば何よりも清潔感が大事です。なぜなら、イベントコンパニオンはただ会場に立っているだけでなく、お客様に商品の説明をしたり、アンケートを書いてもらったりなどの仕事も含まれるからです。

 

人前に立つ仕事のため、メイクに気合いが入りすぎることもあると思いますがイベントの主役はあくまでも商品であるということを念頭においておくようにしてください。

 

メイクはもちろんイベントコンパニオンになるならやっておきたい3つのケア

メイクやヘアスタイルに気をつかうなど、イベントコンパニオンになるためには普段からやっておかなくてはいけないことが多くあります。綺麗に歩く練習をしたり、服を着こなす練習をすることなどもその一つです。

 

例えば、次の3つのケアは最低限やっておきたいところです。

 

1.スキンケアをおこなう

 

肌ケアについては言うまでもないことでしょう。ほとんどの女性は普段から紫外線や乾燥などへの肌ケアをしていると思いますが、イベントコンパニオンは立ち仕事で非常に体力を使う仕事でもあります。ですから、長時間の仕事をしても化粧崩れなどが起きないように、健康的な肌質を保てるようにしっかりと肌ケアを行っておきましょう。

 

2.髪を美しく保つ

 

せっかく綺麗な衣装を着ていても髪が乱れていては台無しになってしまいます。普段からトリートメント剤などを使って髪を美しく保っておくこともとても大切です。枝毛などが生じないように、髪質の維持にも努めるようにしましょう。

 

3.スタイルのケア

 

服装に関してはイベント会社のほうで用意してくれる場合がほとんどですから、どんな服でも着られるようにスタイルを整えておくことがまず大事です。日ごろからバランスの良い食事を摂るようにしたり、ジムで体を引き締める努力をしたりするなど、バランスの取れたスタイルをキープするように心がけましょう。

 

高い美意識をもってイベントコンパニオンとして活躍しよう

イベントコンパニオンという仕事はいわば企業や商品の顔となる仕事だといえます。自分自身が目立つのではなく、しっかりと企業や商品を説明するという仕事をこなさなくてはいけません。

 

そのためにも、普段から高い美意識をもっておくことは大切です。イベントコンパニオンを雇う会社にとっては、イベントコンパニオンというのはまさに企業の広告塔となる存在だからです。

 

イベントコンパニオンの清潔感の有無は、そのまま会社や商品の清潔感の有無に直結してお客様にイメージされてしまいます。もしも清潔感のないヘアメイクやだらしなく衣装を着用していると、お客様はその会社や商品を敬遠してしまうのは当然のことだといえます。

 

お客様に対してはつねに笑顔をもって接するようにし、言葉遣いや表情にも気をつかって、商品や会社のイメージが悪くならないように気を付けましょう。高い美意識をもって仕事をするようにすれば、お客様には自分にも興味をもってもらえ、ひいては自分が担当している商品や会社にも興味をもってもらえるようになります。

 

常日頃から細かいところまで念入りにケアや所作を心掛け、イベントコンパニオンとして大きく羽ばたいていきましょう。

本コラムに掲載の内容は、2020年02月10日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

関連記事

event_companion event_companion line